ごめんなさい。


肩の荷が下りた。
実は、またもやPCRの結果待ちでした!
陰性でした。
2日以上、振りまわされました。

かなしい。


かなしい。
くるしい。
潮時だ、と囁く聲。
貝殻のうたなの?
いいえ、判ってる。
蠢いているのは、
死への誘い水。

気配


後郷(ごっくん)さんは交通事故で急逝しました。5/5は、彼の誕生日です。わたしにとって、辛すぎる夜です。
残念ですね…どころか、不義後悔しか……無沙汰の詫び方すら、判らない。

届かない。ゆめとはきけとれくいえむ

help!


help!
わたしは、英国変異株のおそらく北九州で初めての罹患者です。かつ、生存者でもあります。
2/25が件の日付なのですが、余計にまわりに、信じてもらえず、精神科に閉じ込められ、いま、退院こそしましたが、あいかわらずひとりきりです。助けてください!!

入院します


ご心配をおかけしますが、一度生活を立て直す為、入院する運びとなりました。
お友達には、必ずこちらから連絡を入れますので、しばらくお待ち下さい。

リスタート


相変わらず、思考回路が思春期で、トラウマでいっぱい。
17歳の介助者(最近、18歳になった)1・2さんと向き合う勇気が持てなくて、
手遅れかも。
脱色してみた髪も早くも黒く・・・。

親切かどうかは、関係ない――支援と権力と専門性を考えています――


たすけて。
いまいちばんほしいのは、ゆめ。

たすけて。
いまいちばんほしいのは、ねむり。

転倒も落下も窒息も混乱も感染も
熱も嘔吐も
怖いけれど、
ひとりきりがいちばん問題。

編集長様にメールは届いている?

上東様には?

いきなり、名指しで、
ごめんなさい!

気配


[気配]

ひとりきりでいると、よくあるのだけど
誰か、入ってきた気がする。

玄関の扉が開く音がした気がすることが多々ある。
現にいまも。

だけど、考えにくいことだ。
鍵ならたしかに外にある。
が、わたし以外の誰かがいないとも限らない。
介助者はある程度、把握できるかも知れない。
が、わたしでも掌握できていない、合い鍵で入ってくる家族は予測不可能なはずだ。

orわたしが妄想的になっているのか?

市営住宅の壁はうすいのかも知れず、
周りの物音をわたしが過剰に拾いすぎているだけなのかも知れない。
そっちのほうが説明としては自然だ。

けれども、
今度は別の疑惑が生じてしまう。

すなわち、自分の精神状態が危ぶまれると云うことだ。

どうしよう。

幻聴・幻視が起こりはじめているのだとしたら?

どうしよう。
どうするべきだろうか?

37.6℃の熱発よりも
つづいている吐き気よりも
わたしはわたしの脳がこわい。
或いは、ココロが心許ない。

気配の正体は案外、自分自身なのかも知れない。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。