どろだんご


光る泥だんごのテレビを見た。
この光る泥だんごのことは前にもテレビで見たことがあり、知っていたのだが、今回のはドキュメンタリー。
光る泥だんごを研究し、その作り方を解き明かした大学教授。彼に教わった幼稚園の子供たちが泥だんご作りに熱中する。子供たちの力ではだんごは幾ら磨いても光を放つことはない。それでも子供たちは何時間でもだんごを作り続ける。

途中まではすごく楽しかった。

今、熱中してることが何かに繋がるとかこれが出来たから将来どうだとかそういう考え方ではなく、今が完結した時間としてたっぷり満ちているそれでいい。うんうん、そうだよな…と思いながら見ていられた。

しかし、途中で教授がある実験を試みる。自分の作った美しく光り輝く泥だんごを子供たちに与える。子供たちは自分で作った光らない泥だんごとどっちを選ぶのか。そこからわたしは急に子供側にシフトしてしまった。

いやらしい。いい気なものだ。大人にとっては興味深い実験なのだろうが、なんて残酷、なんてエゴ。

心が軋む音がする。お願い、もうやめて。
辛かった。
 
 

マンボウとめざし


わたしには時におそろしくもの知らずらしい。世間知らずだと笑われることも多い。

でも、その分、世界は不思議で充ち満ちている。いたるところに謎と発見とが転がっているのだ。それはそれで愉しい。

そして本日の発見。
1、マンボウ
2、めざし
この二つ。

マンボウがほんとにイラストとかでよく見るあのかたちでほんとうに薄っぺらいのだということ。マンボウは外洋に出たフグだということ。

めざしは魚の目を刺した状態を指すのであってめざしと云う名前の魚は居ないこと。だからたとえば、シシャモでもめざしたり得るのだということ。

知らなかった~。みなさん、知ってましたか?
 
 

エロチック漢字


演出家から、本質が分からずにそんなやり方をしてるとたとえ今回うまくいったとしても次で躓くよ、というメール。
内容は穏やかじゃない。
ただでさえ、こんなにかなしい夜なのに、追いうちを掛けなくても…と少しだけ恨めしく思ってみたりもする。

だけど…

躓くって漢字いいね♪
跪くみたい。

頸とか。
画数多めの漢字ってどうしてこうもエロチックなのでせう…

堅い漢字が更にお堅くなるのだから、もっと禁欲的になっても良さそうなものなのに。そういうものほど逆にエロスを感じさせるってことかしら?

骨格の奇麗な中学生とか、清冽な美貌の青年僧とか、キリリと整った剣道着の襟の合わせとか、みたいに。

たった漢字一字の視覚的効果でこんなに悦んでるわたしも可笑しいけど。
 
 

かなしいの洪水


前代未聞の、とてつもない、いきおいだ。
さいきんのかなしくなりようときたら。

かなしいの洪水。

激しいものではない。むしろ波のようにおだやかだ。
いつのまにかそばにいる。

濁ってもいない。澄んでもいないけど。
 
 

あいまい


あいまい、曖昧、
あいまい、もこ。

やさしくってすき。ふわふわしててゆとりがあって。

決めるのはにがて。
自信がないから。
可能性を排除するみたいで。

ほんとは良くないとわかってるけど。
 
 

わかりにくい日本語


半端じゃなく訳の分からないメールを貰った。
もう、ほんと、半端じゃない。

それも、内容がではないのだ。文章自体がわからないのだ。もっと云うなら日本語が。

まず文章自体が捻じれている。
意味の切れ目が分からず無数に派生する。

ここまでわからない日本語を見たのは久しぶりだなぁ~、と云う感じ。
それくらい運用の規則が違うのだ、おそらく。書いたひとと、読むひとであるわたしの間で。

だけど。

これくらいはっきりわからない方が寧ろ潔いよな、とも思う。
言葉の上でだけ、一見一致したからって、勝手な思い込みで、お互いにわかったような気になるよりずっと。

また文章書くのが怖くなってきた。
 
 

夢見の日


妙にたくさん夢を見た。

しかもお得意の白昼夢ではなく、ちゃんとした正式な夢。

それだけたくさん眠ったってことだけど(なにせ起きたらもう外は真っ暗だったし)、それだけぢゃなくて、夢の濃度が濃い日だった。

ちょっと怖くてでも魅力的な悪魔のような、そんな夢が溢れた日。
溢れた流れだした夢の狭間に、夢に侵食されてゆく現実が辛うじてひっかかってる。
かなしくてしあわせな日。
 
 

やりたいこと、やるべきこと


何をすればいいのか。何をしているのか。たやすく、分からなくなる。
どうにもできない。

やるべきこと、やりたいこと。いくつもいくつもある。
どうしようもない気がする。

なにかひとつでもやっちゃえば、すこしは何か違うかもしれないのに、何をしたらいいか分からずに、どうにも動けない。
そんな夜更け。
 
 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。