おはよう御座います。ミカヅキカゲリです!

新刊ができました!

ミカヅキカゲリ、初の

ミニエッセイ集『障害者のひとり暮らし を刊行しました!

障害者のひとり暮らしについて、綴りました!

〈書名〉エッセイ 障害者のひとり暮らし
〈出版社名〉三日月少女革命
〈著者名〉ミカヅキカゲリ
〈本体価格〉700円
〈税込価格〉756円
〈ページ数〉52ページ
〈発行年月日〉2019/7/7発行
〈出版社所在都道府県名〉福岡県
〈ISBNコード〉978-4-909036-01-8 C 0095

〈紹介文〉
ミニエッセイ集『障害者のひとり暮らし1』

ミカヅキカゲリ 著 † 三日月少女革命 † 発行
B6 52p (エッセイ)

目次
0 1  わたしは障害者 ! ? 4
0 2 七夕の奇蹟からのひとり暮らし 1 0
0 3  介助者ってこんなひと ! ? 1 5
0 4  わがままのススメ 4 0
やさぐれまき子の介護日誌 4 3
やさぐれまき子の介護日誌 4 3
0 5 やさしくされているのだから 申し訳ないと思うべき 4 4

赤い車椅子がトレードマークのミカヅキカゲリによる障害者のひとり暮らしに関するミニエッセイ集。

他、介助者(ヘルパー)目線のやさぐれまき子の介護日誌1 2も特別収録。

印刷・製本/プリントパック

〈出版社からのコメント〉

障害者のひとり暮らしってどんなかんじ?

車椅子でひとり暮らしを送るミカヅキカゲリが
介助者(ヘルパー)との暮らしのあれこれを
綴った自身初のミニエッセイ集。

■■■ † 三日月少女革命 †のススメ ■■■

† 三日月少女革命 †とは、赤い電動車椅子と長い黒髪がトレードマークのミカヅキカゲリがひとりきりで運営するちいさな出版社です。
車椅子だからこそ、視える景色をお届けすることによって、自己実現だけでなく、よりやさしい、より成熟した世界を目指す、しずかな革命を志向します。

何か、善きもの、美しいもの、たったひとつの真実を掴みたいと思っています。

ちいさな出版社*† 三日月少女革命 †
3kaduki.link/

< 著者について>

ミカヅキカゲリ

11.01.生まれ。
北九州市出身。筑波大学で、心理学、心身障害学などを学ぶ。

大学在学中から舞台に立ちはじめ、卒業後は舞台女優に。その傍ら、声優や歌うたいとしても細々と活動。しかし実は作家志望との矛盾を抱えていた。

一方で中学生の頃より、〈存在の不安〉としか形容できぬ漠とした悩みに苦しみ、ついには耐えきれず2006年末に自殺未遂。後遺症のため、四肢麻痺になり、以降車椅子生活。赤い電動車椅子と長い黒髪がトレードマーク。

ちいさな頃より好きだった詩作を本格的にはじめたのも大学在学中から。小説は車椅子になってから。

2018.11.01.第一詩集『水鏡』刊行。

最近、ひとりきりでちいさな出版社 † 三日月少女革命 †を設立。
2019.04.17. ミカヅキカゲリ作品集I~III、刊行。

秋には、第二詩集『立脚点』刊行予定。

 ⇒ 注文フォーム

よろしくおねがいしますm(__)m