あと二年だけ

介助者と喧嘩した。
きっかけはわたしが求めた薬を与えられなかったこと。
わたしは拗ねて、トイレに行くところだったけれど、

「やっぱりトイレいいです」と頑なな態度に出た。

「もう○○さん(←介助者の名前)の介助は受けたくない感じですか?」との介助者の言葉にもだんまりを決め込んでいたら、

強引にベッドを倒されて、電気を消された。

翌朝。

なおも、頑なにトイレを拒否するわたしを

「ミカヅキさん、そんなに介助拒否してもなんにもなりませんよ」

と云いながら、

強引に拗ねて躰(からだ)を固くしたままのわたしを抱え上げて、トイレに座らせた!

(あとになって、「こうするのが一番いいんだ」と託生くんの躰(からだ)を開かせたギィのようだったと思ってしまったことは、我ながら変態かも、と思うので内緒☆彡)

*『タクミくんシリーズ』

本気でやさしいひとだ。

ごめんなさい。
この五年間、○○さん(←介助者の名前)には散々迷惑をかけました。

そこでわたしは決めました。
この暮らしは、あと二年だけ続ける。
そのあいだに出版社企画をなんとしても実現させる。
その後はえばぁみたいな住宅型居住施設で隱遁する。

と云うわけなので、あと二年だけお付き合いください。
よろしくおねがいします!

          *

たいていの企業からのメールは様付けなのに、

Googleだけが

ミカヅキカゲリ

と呼び捨てにしやがります。少しムカつく(´・ω・`)!