完徹で通院したところ、今、かなりのハイテンション(>_<")! きっとナチュラルハイってヤツ!

介助者に「昔、舞台女優だった」と云ったところ、
介助者は深く首肯(うなず)き、「ああそれで!」と云う。

「はじめてお逢いしたとき、華やかだから『きっと健全だった頃は芸能関係の仕事をされていたんぢゃないかな?』と思いました」



それだけでも、えー、と思うけれど、、、

〈健全だった頃は〉って……(苦笑)(>_<")! 今でも別に不健全なわけではない。



悪いひとだとは思わないけれど、

○○さん(介助者)が、

どんなにわたしを可愛いと感じたとしても、

その結果として、

どんなにうれしくなってしまったとしても、

また、わたしに前に逢っている気がして、

どんなに運命を感じちゃったとしても、

それはわたしにはなんら関係ないことだ!

煩わせないでほしい。
わたしの邪魔をしないで。