ふだん使っていないメールに小説の執筆依頼が届いていた!
しまったあー(´・ω・`)

流れてしまったわけだけど、この先、わたしなんかに執筆依頼がそうそうくるとは思えないし。

書きたかったな。。。