助けて、

知り合いに助けてほしいと云ったところ、「自分でどうやったら助けて貰えるか判っていないひとのことは、誰も助けられんよ。」と云われた。…尤もだな。。。

短歌
今日のひと生命を維持するだけの施設と何ら変わらぬ介助

助けて、

助けてよ!

生命を維持するだけの介助しか、求められない現実があって、つらすぎる。
わたしが生きていること自体を否定されているみたいに感じる。