入所者とスタッフの会話。
入所者「今日は照燒きチキンとか云ってたな。」
スタッフ「そうですね。」
入所者「ワンパターンやな。」
スタッフ「ローテーションと云ってください。」
うわー。
ものは云い様だな。
この前、施設のスタッフを怒らせたことについて(おやつの迎えに来たときわたしがずパソコンをやめなかったこと)、スタッフはまだ不機嫌だ。
でも、わたしはそこまで引きずるのは納得できない。
それで、そう云った。

俺は別に怒ってないよ。ただ介護の仕方を変えようと思っただけ。今までやりすぎだったかな、と思って。
普通の介護をしようと思って。

普通の介護。
ぜったい、今、普通の介護ぢゃないし。
こんなに、被介護者をびくびくさせているのって、普通の介護とは、とても呼べないんじゃないかな。
スタッフに訊かれた。
「小さいころ、おいちゃんにクリスマスプレゼント、もらいよった?」
「サンタさんにもらってた。」
「いやいや、おいちゃんやろ?」
そこから、サンタクロースがいるかいないかで、云い合いになった。
「いるんだよ?」
「いないやろ。」
「いるんだよ、フィンランドに。」
「なん、夢視ようん?」
いるんだけどな、フィンランドに。
「サンタクロース どこにいる?」で調べてみた。

昔は、北極にいました。
「北極では食料が不足し、トナカイに餌をあげることが出来なくなったためサンタクロースは、フィンランドのラップランドに引っ越した」そうです。
http://www.santaclaus-embassy.com/
サンタさんに、手紙を書いて見ましょう。
忙しいから、すぐに返事がくるかどうかわかりませんが、来年のクリスマスまでには、返事がきますよ。
Mr. Santa Claus
Finland
返事をもらうために、あなたの住所となまえをローマ字で書きます。必ず国際返信用切手を二枚同封して送りましょう。