年末なので、そろそろわたしに会いに来るスケジュールを決めたいと云うメールが恋人から来た。素直に嬉しい。
東京から北九州っていくらぐらいかかるんだろう。いつも二泊三日で来てくれるのだけど。
まあ、わたしと恋人の間にはかなり経済的格差があるみたいだから大丈夫なのかも知れないけれど。
わたしは貧しい。年金をもらっているけれど、そこから施設の入所費を払っているから、殆ど残らない。
残ったのの中から1万円がお小遣い。未だに1000円単位で窮々とする金錢感覚の中で生きている。
ミカちゃん(弟)よりも貧しい金錢感覚なんぢやないかな。
日韓のワールドカップのときには、ドイツ大会の頃にはわたしも大人になっていて、ドイツに行ったりして、試合のチケットなんかも大人買いしたりしちゃうんだろうな、と思っていたのだ。
しかし、ドイツ大会はおろか、南アフリカ大会を経ても、わたしは大人買いとは遠いところにいる。