おばあさんとリレー小説を書く夢を視た。それからミカちゃんともリレー小説を書く。その二作が絶妙にリンクすると云う夢。
起きてすぐは凄く傑作だったと思って、さっそく書きとめなくちゃと思ったけれど、もはやあんまり覚えていない上にそんなに傑作でもなかったようなきがしてきた。
夢と云うものはわたしにはいつもやたらと面白く感じられるものだ。