「嵐が丘」を聴いている「トワイライト」と云うアメリカのティーンズノベルがあってその余りの気恥ずかしさに身悶えしながら夢中になったのだが、嵐が丘が頻出するのだ。気になったので借りてみた。
嵐が丘は『ガラスの仮面」にも出てくるし、ケイト・ブッシュの歌にもある。キャシーとヒースクリフの物語だと云うことは知っていた。だけど、その二人の愛は確かに印象的なのだが、余り感情移入は出来ない。人物もストーリーもかなり身勝手。ただ、力はある作品だと思う。