今日のおやつはまたわらび餅だった。
最近来たスタッフさんで高内さんと云う人がいる。
何と23歳。本人いわく「プラス15歳」だそうだ。
「縮毛矯正をかけようと思ったら、彼女に『あんたさらさらになったら気持ち悪い』と云われて止めました」
「僕、一応進学校やったんやけど、センター試験の日に寝坊して、国立受けさせてもらえんかった。」
「ほんと?」
「うん、おきたら11時半やった。高校でも寝坊は前代未聞と云われた。」
面白い人だ。
新人賞用の短歌30首を書き終わった。
完全なるフィクションで書いたのだけど、凄く愉しかった。
この話を普通に小説として書いたら、凄く時間がかかると思う。短歌は楽チンだ。30首で一つのストーリーが表現できる。
歴史的仮名遣いと文語調を心がけた。
歴史的仮名遣いはネットで調べたりして勉強した。そんな訳で歴史的仮名遣いはいいのだけど、問題は文語調。
多分もうちょっと調べれば、ネットで勉強できると思うのだけど、まだまだ今一わからない。
見直しが必要。