今日のおやつはぜんざいだった。テラスで食べた。
わたしは帽子、梅本さんは帽子と日焼け止めで完全防備。梅本さんはとてもダサい麦わら帽子をかぶっていた。
紫蘇田さんがそれを見て声を掛ける。
「梅本さん、それがカンカン帽ですか?」
「もちろんです。」
実はその帽子は施設の備品だったのだが、その会話を耳にしたわたしは帽子をすっかり梅本さんの私物だと思いこんでしまった。
カンカン帽? ただの麦わら帽子じゃないのかな?
しかも、とびきり変だけどな?
「梅本さん、似合いますね。」
梅本さんは微笑む。
友達からプリクラが送られてきたんだけどコメントが添えられていた。
「今の機械は凄いのよ!!勝手にまつ毛やアイラインも足して、チークも入れて、髪も明るくしてくれて(笑)もはや顔の原型をとどめていない…(´Д`)
これじゃ、若い子みんな同じ顔になりますねーって思った。
プリクラコーナーが、海外よりも言葉通じない空気で、怖かった…。」