穗村弘
エッセイ。このひと、やっぱりわたしと似てるかも知れない。