東直子
連作短編小説。