短歌の会に入るため、自己紹介を書いた。
短歌も書いた。
冷やし中華みたいに、短歌始めましたと云う感じ。

短歌は、新鮮だ。ついつい、言葉を無駄に使ってしまうわたしには三一文字はいい勉強になる。
ちょっと運命を感じている短歌。頑張ってみよう。