東直子
歌人だけあって、ことばの綺麗な小説だった。