東直子
少し前に読んだ短歌の本に載っていた歌の中で、この人の短歌には、妙に引っ掛かったのだ。
凄く印象的な歌ばかりで、きっとまた聴く。