三田誠広
中学生の頃、この人の「僕って何」に衝撃を受けた。
それはそうと、独善的な本だった。
「この本を読んでいる読者のみなさんも同じ意見でしょう。意見が一致したところで先に進みましょう。」
とか云ってくる。