保坂和志
いい本だった。最初にこの本を選んだのは大正解だった。
具体的に方法論ではない部分が役に立った。