立松和平編 林芙美子
林芙美子には全くまいった。満州事変時の複雑な社会情勢の下、帰国の費用も持たず世界に飛び出すのだ。
わたしももっとアクティブにならないと。