山之口洋
友達が書評をしていたので、借りてみた。
全編にパイプオルガンの音色が浸透しているような、それでいて透徹な不思議と美しい本だった。