夏目漱石。
何でも最初は短篇の3部構成にする予定だったそうだ。
だけど、第一部の「先生と遺書」が意外に重厚になったため、続きを書く必要を認めず、今の形になったそう。
そう云われてみると、確かにあちこちに使われていない伏線が転がっている。「心」は高校時代のわたしの愛読書だけど当初の構想の通りの方がより名作になったのではなかろうか。
少なくともわたしは読んでみたい。