2008.07.06.
髪を切りに行った。ボブになった。
「キング 罪の王」を観た。予告編と全然違っていた。
弟に「味方になって呉れる?」と云ったら、「今が味方ぢゃないなんて、心外やん。」と云われた。
親友から、手紙が届いた。
あわわで手を洗った。あわわと云うのは、泡状になって出て来るハンドソープだ。前にそれで作業療法士と手を洗った時に、「エステみたいですね。」と云われた。わたしは、ラブホのローションしか想起出来ず、何て低俗なんだ、と思った。
2008.07.07.
今日は、七夕だ。わたしも短冊に願い事を書いた。願い事が叶うといいな。
昼から歯医者があったから保険証を持って、弟が来た。
夕方、弟とサンリブに行った。「裂けるチーズを買いに行くの?」と訊くと(わたしは最近裂けるチーズが食べたい。)、「行かんよ。欲望が先に立つ女やね。」と云われた。
デイジー図書で、「超心理学入門」を聴き終わった。
2008.07.08.
言語聴覚士が長崎出身で「笑っていいとも!」が午後四時にあるらしい。呼吸困難になるくらい笑った。
デイジー図書で、北村薫の「スキップ」を聴き終わった。
2008.07.09.
わたしが作詞したゲームのテーマソングのマスタリング版が届いた。自分の言葉が歌として歌われることの、単純な嬉しさ。特に、今は入院していて、外界に発信する手段を何も持たない立場にいるので、こうしたことが尚更嬉しい。次回作も作詞させて貰えたら、いいな。
Mちゃんから、飴を貰った。
2008.07.10.
デイジー図書で、北村薫の「リセット」を聴き終わった。面白かった。わたしもあんな小説を書ける様になりたいものだ。だけど、マトモな取材もできないで、何が書けるだろう。挫けそうになる。絶望だけはしたくないのに。
Mちゃんから、飴を貰った。
点字図書館に電話して、江國香織を取り寄せて貰うことにした。北九州には1冊しかなくて、その1冊ももう借りてしまったのだ。全国的には、五十数件あるらしく、とりあえず、あから3冊リクエストした。これで当分借りるものには、困らないだろう。
2008.07.11.
お向かいのおばあちゃんに「なしあんた、ベッドでご飯食べんとね。」と訊かれた。わたしは、食事介助ロボット・My spoonで食べるので、車椅子に座るのだ。わたしは、一応、「この機械を使うから。」と答えたのだけど、おばあちゃんには通じなかったらしい。Mちゃんが来た時に同じことを訊いていた。Mちゃんが「彼女はそっちの方がいいと。」と云うと、「看護婦さんに迷惑掛けて、莫迦たれやね。」その後も罵りの言葉が続く。「莫迦たれ、目障り」。「黙んなさい。」Mちゃんが怒る。
毎日のことだから、書かなくてもいいような気がするけど、またMちゃんから、飴を貰った。正確には、キャラメルコーンとチロルチョコと塩キャラメル。
2008.07.12.
今日は、お母さんの誕生日だ。わたしと弟は、共同で(後でお父さんものってきた)、「ブラストⅡ」のチケットをあげた。
朝ご飯の時から、おばあちゃんに罵られた。
弟が髪を洗って呉れた。
弟とお父さんと、昨日、Mちゃんに貰ったキャラメルコーンを食べた。
2008.07.13.
お母さんの誕生祝いで外食をした。と云ってもダイエーのイートインコーナーのリンガーハット。皿うどんと餃子。お母さんも皿うどんと餃子で、お父さんがオムライス。
その後、映画を観に行った。「インディ・ジョーンズ クリスタルスカルの帝国」。面白かった。面白かったけど、1つ引っ掛かるところがあった。冒頭、インディは原爆に巻き込まれる。それを鉛製の冷蔵庫に入って、無事だったまでは大目に見るとしても、その後、躰を洗い流しただけで、ピンピンしてるのは、如何なものか。アメリカ人には、放射能と云う概念がないのだろうか。「あれは、ちょっと被爆者を舐め過ぎよね。」と、お父さんも云っていた。
2008.07.14.
お昼ご飯に、南瓜の酢の物が出た。衝撃的だった。
夕方、パソコンの入力装置の調子がおかしくなった。スイッチを認識しない。おまけに、家族は誰も来ない。どっぷり鬱になった。
仕方がないので、弟が借りて来て呉れたDVDを途中まで観た。「あるいは裏切りという名の犬」。
2008.07.15.
パソコンが直った。本当に善かった。
Mちゃんから、飴を貰った。正確には、飴を五つとチロルチョコと塩キャラメル。
「あるいは裏切りという名の犬」を最後まで観た。面白かった。