2007.12.16.髪を切った。綾波の画像を持って行って、綾波みたいにして貰った。でも、余り似合わない気がする。大人になって初めてのショートカットだけど、また伸ばそう。点字図書館に行って、ハリー・ポッターを借りた。家に帰って、刺身を食べた。
2007.12.17.ハリー・ポッターを聴いている。だが、今のところまだ、ハリーは出て来ていない。今日はセッティングがうまくいった様で、スプーンを口に運べた。
2007.12.18.弟が来て、カフェオレを飲んだ。OT室に行ってマッサージ機を借りて、弟にマッサージをして貰った。ハリー・ポッターは3章にして漸くハリーが出て来た。
2007.12.19.弟が借りて来た、「時をかける少女」と云うアニメを見た。
2007.12.20.木曜日には、精神科医が来る。前に癇癪を起こして大変にうるさかったおばあちゃんが、精神科医と面談して、リスパダールを処方されて大人しくなった。わたしは、10錠くらい、薬を飲んでいる。薬を止めたらどうなってしまうんだろうと思う。
2007.12.21.病院にボランティアの人が月一回来る。それで、喫茶コーナーが開かれる。今日は、クリスマスケーキだった。患者さんのおばちゃんが、わたしを連れて行けないからとスノーマンを呉れた。だけど、弟が来て呉れて、ギリギリセーフで間に合った。美味しかった。わたしは最近、情緒不安定だ。今日は、二回も泣いてしまったし、弟と喧嘩もしてしまった。
2007.12.22.今日は冬至だ。お父さんに「もうすぐ一周年。」と云われた。云う間でもなく、わたしが自殺を図ってからである。なんか哀しい。訳もなく泣きそうになる。弟は来なかった。今日はお父さんをお母さんが送って行った。そのときに「ちょっと駅まで主人を送って来ます。」と云った。「主人」という言葉は気持ち悪い。わたしは多分結婚しないだろう。だけど、結婚したとしても「主人」は使うまい。患者さんの妻か娘かわかかない人が(患者さんのことをお父さんと呼んでいる)「みて、この人のご飯、こんなに少ないんよ。」と患者さんに見せていた。失礼な人だ。
2007.12.23.「千の風になって」の作曲者が観阿弥だと云う夢を視た。
2007.12.24.昼ご飯がクリスマススペシャルメニューだった。苺が相当沢山出た。お父さんと散歩に行って、作業療法室に来た時、弟が下に来たので、手を振った。お父さんはわたしの手の振り方が、骨が抜けているみたいで怖いと云っていた。お父さんのズボンのチャックが開いていて、それを指摘すると、「そんなとこだけ見えるんやね。」と弟に云われた。ケーキを食べた。
2007.12.25.友達と待ち合わせて、対バンでライブをやる夢を視た。友達が連れて来たのは、なんと雷撃戦隊サンダーファイブだった。サンダーファイブというのは、わたしの大学時代、同じサークルだった戦隊モノのバンドだ。弟が年賀状を買って呉れた。
2007.12.26.ギラン・バレエになる夢を視た。それで、いろいろな人にそのことをカムアウトしなくちゃいけない夢。夕食の途中で弟が来た。その時には、ご飯がなくなりそうだった。弟が訳を訊く。「看護士さんが何度も席を離れて、その度に、『ご飯でいい?』と云うものだから。」わたしは答えた。弟が年賀状を作って呉れた。弟が年賀状を作って呉れた。
2007.12.27.目薬をすると、いつも口に入る。今日も口に入った。この前、口に入った時は、弟が「大変やん。眠るかも知れん。」と云っていた。目薬は、苦い。
2007.12.28.放送で車のナンバーを云った後に、「お知らせしたいことが御座いますので事務所まて来て下さい。」と云っていて、それを聴いた看護士さんが、「気になるやろ。」と云っていた。夕食のあとで、電動車椅子に乗っていたら、後ろに気配がする。でも、振り向いても、誰もいない。そんなことを何度も繰り返し、最後には首を振っているみたいになった。 男性の看護士さんが出て来て、「なんしようん。漂流の旅に出ようんと?」と笑う。
2007.12.29.土曜日だと云うのに、家族が誰も来なかった。散歩をしていたら、看護士さんが「電話してやろっか。」と云う。頷くと、「おいで、おいで。」をして、電話を掛けて呉れた。
2007.12.30.「花ざかりの君たちへ イケメンパラダイス」を初めて見た。前の病院の理学療法の先生が、リアルタイムの時、毎週話して呉れていた。それにしても、「イケメンパラダイス」と云う題名は、凄い。よく作者がOKしたものだと思う。風邪を引いているらしく、お父さんが具合が悪そうだった。
2007.12.31.毎日、言語療法で、「昨日は何がありましたか?」と訊かれる。わたしは、その時に、此処に書くことを決める。弟が髪を洗って呉れた。お父さんは熱があるそうで、来なかった。夕食に年越しそばが出た。