わたしが数日前に集めたコレクション。中身全くビタミン剤じゃない(笑)。

薬の包装を破って、ひたすら空き瓶に詰め替えて行ったのだ。

んで、余ったものを片っ端から飲んでたら、

死にかけた。

夜中に弟が見つけて、叩いても反応がなく悩んだ末に救急車をよび、救命救急センターに運ばれたらしい。

胃洗浄、腸洗浄、さらに気管に管を入れられて人工呼吸。
なんでも意識レベル1で呼吸停止し掛けてたらしい。

わたしはそのやり取りだけはぼんやり聞いていた。
「危ないですよ」
「気管に管入れましょう」

喉に風穴を開けられるのかと思って、必死で抵抗しようとしたが何の反応もできず、また混沌に。

意識が戻って、最初にしたのは、喉元を触ってみること。

穴は開いてなかった。

よかった~。
という痛そうでめでたいお話。