土屋アンナのアルバム。初回限定特典の違い。CD+DVD版とCDのみ版。いつもなら前者を買うんだけど、CDのみ版には初回特典でオリジナルストラップが封入って、商売のやり方が汚いと思いまーす。
まったく。

ラルクかよ!
と突っ込んでしまった><

子供のころ、このやり方でラルクにはずいぶん痛い思いをさせられたものです。

というか、今もさせられてますね。
たとえば、夏限定ラルクカフェ。
未公開映像上映、まではいいんだけど、未公開映像が期間で切り替わるというのはいかがなものか。入場料2000円もするのを何度も見に行けって!?
てゆか、どんな映像がいつ出るかを流してくださらないあたりがまた、ソニーさん!!
…結局いつ行くのが賢明なのかわからなくてまだいけてません。

それに比べてHYDEさんソロは相当親切設計になってて、ありがたいけど、やっぱりいろいろ困ります。
シークレットでストリートライブとかやってくださるのはありがたいんですけど、前日にアナウンスしておいて、ハウステンボスって!

わたしが子供のころにラルクがよくこういうことをやってて、コアなお姉さんたちにどう動いてそれにありつけたかを聞いて、それだけ追っかけててやっとか、、、と自分を慰めてたものです。
今はそれなりに無茶もできるようになってきてるのに、結局こういうのいけないのはすごい悔しい。やっぱり年齢差があるアーティストを追いかけるのは難しいのか?と思います。
だって、子供のころわたしが大人になったらこういうことをしたいと思ってたHYDEさんと同世代のお姉さんたちは、今はアメリカ公演とか行ってるみたいで(わたしも余りに一般でチケットとれないので危うくアメリカ公演押さえそうになっちゃったんだけど、踏みとどまった。アメリカ公演はさすがに当日券が出てたらしい)。
でも、アメリカ直後の福岡を押さえたのは正解で、アメリカがすごいよかったらしく、福岡はかなりおいしいライブだったから、まあいいのだけど。

やっぱり同世代を追いかけるのが楽なのかもと思うのは東京事変を見てて。弟が相当椎名林檎を追いかけてるのですが、椎名林檎はかなり素直ないい人だとわたしは思う。やっぱり同世代なだけあってわかりやすい。苦労が報われやすいかんじがする(笑)。
リリースもとりあえず素直に初回版を予約しとけば間違いないような気がするし、ファンの間で飛び交う情報もとてもわかりやすい。まあそれでも大変だけど、そこで椎名林檎に会えなくても納得がいくようなものばっかり(歌舞伎の襲名披露の初日をみにくるんぢゃとか)だからいいんぢゃないかと思う。

わたしの中では、東京事変とHYDEソロは、規模とかこだわり方とか手作りっぽさとかいろんなもの的に同列なんぢゃないかと思ってるんだけど、追っかけるのはたぶん前者のほうが簡単。

ってまた話がそれた。

土屋アンナだ。
最近の日本のメジャーシーンのアーティストの中では土屋アンナは相当かっこいい。
わたしは世情に疎いのだけど、たまたまはまった海外ドラマのエンディングが土屋アンナで、余りにかっこよくてびびった人(笑)。
最初気づかなくて、かっこいいなあと聞いていて、ん?これ土屋アンナ? うわ、なにいつのまにこんな?みたいな。日本人の中では無敵なんぢゃないかと思う。何かやるたびにほされるんぢゃないかと思ってハラハラさせられるのに(イタリア語講座の生徒役とかあまりにやる気ないのでハラハラした)、結局ぐんぐんかっこいいことをやっていくので感動する。
イタリア語を覚える気がなくても、これだけかっこいい歌を歌えれば問題ないと思う。

なので、初回特典がほしい~。どうしよ。
だってストラップ、手錠だよ? かっこいいよ。欲しいよ。
でも、DVDも欲しいし。

ううむ、悩む。