1、食事も水分も与えられない
2、カギを与えられず外に出ることも許されない
3、歌うこともしゃべることも禁止
4、人の気配がしたら隠れさせられる
5、音楽(これも禁止)も新聞もネットもテレビもない

という状態が10日間くらい続き、ついに爆発。
と云ってもわたしの場合はぶっ倒れることですが。

ネグレクト激し過ぎる。
えーと、環境が過酷すぎて栄養失調になりました。口角炎ができて、熱を出して、血圧も低すぎて寒くて堪らなくてふらふら。

やっと夜になって救急病院に運ばれました。
「なんで昼間のうちに云わないの」
と怒られましたが、いやいっぱい訴えたよ…みたいな。

わたし赤ん坊だったら確実に死んでます。
過酷すぎる。

何を思ってみんなこんなところにわたしを押し込めようとするのだろう(苦笑

ホームスイートホームみたいな幻想を持ってるんだろうな大人のひとたちは。
残念ながら「Itと呼ばれた子」とかの世界なんだけどね。

***

そんな中でも、素敵なことがいくつかあって、わたしも頑張ろうと思いました。

というわけで、受験参考書類を探し出してみた。
赤本とかも。
筑波と上智と関西学院と東京女子大を発見。

私立は滑り止めだったんですが、一応過去問くらいやっておけばいいからと教師に云われて買ったのだと思う。いろんなタイプの赤本がそろっているのはその先生のおかげ。感謝感謝。

何をするにもいろんなことを忘れすぎているのでちょっとやり直そうと。

こつこつ勉強するタイプではまったくないので、参考書とかがすごく質がいいものが揃ってる(というかマニアック)。なかなか今から全部買い直そうとするのは難しいのです。うん、相当マニアック。