「ジュリアに傷心」が脳内エンドレスリピート。昼食の際にそのことに触れたら、友達に、何でだ!と突っ込まれたので詳しい経緯を説明する。原曲はほとんど聞いたことがないんだけど、某バラエティ番組でhydeさんが歌わされてて彼の歌い方で回ってるんだ。
「コアすぎるよ…」
彼の感想はもっともだとわたしは思った。

その後、場所を移動してスタジオでわたしのホワイトストライプスのCDを聞いたりして、三時間くらいして、車で移動中、
「あ、またジュリアが戻ってきた」
「変な人だ…誰も共感できないよ。何でいまその曲だ、しかもその人の歌声?どこに共感できるんだ…」

そこまで云われたので、ワンフレーズ歌ってやった。
「なんかね、いまね、ハードブレイク! サタデナイト! って鳴ってる」
「うわ、めっちゃ盛り上がってくとこぢゃんか」
彼は世代が上なので原曲を知ってるのだ。
「かなしいキャロルがショ、オ、ウイ、ン、ド、オに!」
「かっこいいー!八十年代! いいね!」
落ちた。

数分後、彼も口ずさんでいる。
「めっちゃ共感してるぢゃん」
「だってそりゃ、世代だもん。歌詞まで聞かされたらそりゃはまるよ」
「やった☆」
かっこいいねー、と(笑)。

歌は偉大だな(笑)。
とりあえず脳内リピートが伝染してうれしい。