わたしはほんとうにアホなんぢゃないかと…。
いや、アホなのは前々からわかってるんだけど、ブログ書いてて熱出したり、デザインに熱中して三日間徹夜したり、とにかく相当アホであることは間違いないのだけど、ここまでとは思わなかった。
なんと、一晩かけて、ラジオ番組を作りました。
いや、もう、我ながら、おかしいでしょ、それ、と思うんだけど。もう既にどこからつっこんでいいかわからない。
中学校のとき使ってた英語のテキストの例文で、
「これは馬ですか? いいえ花です」
というものがあって、
いや、その間違いありえないだろ!! アホ過ぎだろ!
と、あまりにそれが強烈で、アホなシチュエーションに出会うと、ついつい、その一文が浮かんできてしまう。
そんなわけで今日はその文章が頭の中をぐるぐる回っている.。
きっかけはなんだったっけ? ああそうだ。
ロム類を整理していて、見慣れない英語のソフトのロムがあって、それがどうもCDを作れるっぽかったから試しにインストールしてみて、焼けるかどうかを試してみよう、と思ったことだった。
それで何を焼こうかと考え、せっかくだから、自分が歌ったゲームの主題歌たちを焼いてみてはどうだろう、と思った。
で、やってみたら、焼けた。
CDプレーヤーに入れたら、再生もできた。
おお、オリジナルCDが作れる環境になったのか!とすっかり感激。
でも、700のCD-Rにたった三曲で6分程度。これはあまりにもったいない。何かもっと入れて、もうちょっと聴き応えのあるCDを作ろう。
それで、恋人への誕生日プレゼントにしよう、なんて思って宅レコに挑戦。
自分のオリジナルソングを録音したりしてみたのだけど、二つの録音(カラオケとボーカル)を重ねると云う作業がどうしてもできなくて、マルチトラックの音楽編集ソフトとか持ってるのに、使い方がわからなくて、断念。
仕方ないので、自分のオリジナルソングを入れるのは諦めて、三曲の間に何かつなぎを入れよう。と思う。
そんなわけで何故か、ラジオ番組が出来上がった。
とりあえず、テキストエディタを立ち上げ、
1、タイトルコール
2、ジングル
3、曲1
4、フリートーク
・・・・みたいに書いていって、11トラックのCDを制作。
アホですね。
台本なしで思いつきでコーナーをでっち上げて、トークして、みたいな。しかもかなりアホトーク。
バックに音楽とか効果音とか入れたらもっとラジオっぽいのにと思いながらも、基本的に二つの音を重ねられないので、そんなことは無理で、ひたすら喋ってるだけの変な番組。
時折、コーナー名とかジングルにだけ後からリバーブやディレイをかけたりしたけど、雑音は多いし、音質は悪いし。宅録って難しいんだな。あらためて、音楽担当さんのスキルに脱帽。
音がクリアでない上に、わたしの拙い喋りだから、ますます奇妙な番組になっていて、ほんとに「これは馬ですか、いいえ花です」状態。
でも、春からラジオドラマを配信したいと思っているので、まあいい勉強になった。スキルなさ過ぎなのがよくわかったから。勉強しなくちゃ。