火ぬ神をつくるという、約一月前から定められた神事(かみごと)の日。さすがに前の晩から緊張しており、それ故、長く感じられた一日だった。

のちほど詳しく。