の投稿一覧

じゃきじゃき。


蛇気邪気。
わたしはそれを感じることができる。
ここのところとみにその体質は強化される一方で、躰に変調を来すことも少なくない。

友人が日本の演劇の限界についてわたしに語っていたのだが、現状への怒りが強く、どんどんオーラが刺々しくなっていって、わたしはそれをもろに食らってしまい、痛いし苦しいし散々な状態に。余りのことに途中で耐えられなくなって、
「~さん、気が刺々しくなってるの、余りにいたくて…」
と訴えてみたので、友人も「ああごめん、つい、そうかもね。ごめんごめん」と認めてくれたのですが、既にわたしを襲っている変調は如何ともし難く。
わたしより倍も経験を持つ友人が、わたしが受け取ってしまった邪気を、蛇の形に具現化して取りだす、というお祓いのようなことをやってくれ、少しだけ楽にはなったのだけど。

「蛇を取り出せる力のあるひとが蛇になるようなあんな悪い気を出すな~!」

と弱々しく抗議してみたところ、
「あんたが勝手に受け取るからでしょ。あんた、ほんと取り憑かれ体質だね」
と軽く笑い飛ばされてしまい、ますます釈然としないのであった。

たしかに取り憑かれ体質なのは事実だしなあ。けどだからって…。

それにしても、わたしはどんどん霊媒体質になってゆく。学校でもそれを訓練しているようなものだし。
…しかし、それをまったく使いこなせないというのは問題だ。
友人にも、「気を感じられるのは決して悪いことだとは思わないけど、その度弱ってちゃ意味ないでしょ」と諭されるし。

うわーん、そっちが邪気を出すからいけないんぢゃないか~!

と、悔し紛れに思ったが、とにかく友人の云うことにも一理あるのは確かである。

どうしてくれよう。この躰の霊媒傾向。
どうしてくれよう。世に溢れる蛇気邪気を。
 
 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。