なんだかどんどん痛いエッセイになっていっている今日この頃のヒトリゴタク。申し訳なく思って居ります。

が、痛さもヒトリゴタクの売りなので!

…嘘です。
売りは明け透けさのみです。

わたしの状態が悪いので明け透けの結果、痛くなってしまっているのですが。
あんまりに自分で自分の状態が危険なので久しぶりに病院の精神科外来にきています。とてもとても混んでいてどれくらい待たされるのやら…。
500ページほどの自閉症とアスペルガー症候群の専門書を持参しているのでどこまで読めるか挑戦してみようと思っています(笑)。

ここのところ、ずっと福岡の先生と電話診察をしていたんだけど、どんどん状態が悪くなってきて、電話ぢゃ埒が明かない。このままでは死んでしまう、と思ったので来てみましたのですが、余り期待はしていません。
云われそうなことは分かっています。

「実家に帰られて休養されてみてはいかがですか?」
紋切り型のつまらない病院なのです。緊急避難にもなりそうにないところにしか避難できないこの現実よ…。

ただ、最近先生が変わったらしいので、新しい先生というのに若干の期待が半々です。

とにかく。
面白いほどにあらわれる統合失調的症状。
消極的な自殺未遂を繰り返す日々。
これらを何とかするために閉鎖病棟入りも視野に入れつつ動いてみようと思っているわけです。自分の状態を分かっていながら放置しておいたのでは何のための専門知識か分かりませんし。
とりあえず頑張ってみます。