の投稿一覧

夜明けの辞書。


物心ついて以来、新明解国語辞典を愛用している。数年前ブームになったこともあるユニークな辞書だ。愛用というより愛読に近い。
新明解はわたしにいろいろなことを教えてくれた。
例えば、愛情と恋愛の違い。
前者は、1自分の身近にいる人や、自分より弱い立場にある人に対して、何とか(尽く)してあげたいと思う心や2異性に対し、特にその人でなければと思い、親しむ心。
後者は、特定の異性に特別の愛情を抱いて、二人だけで一緒に居たい、できるなら合体したいという気持ちを持ちながら、それが、常にはかなえられないで、ひどく心を苦しめる・(まれにかなえられて歓喜する)状態。
恋愛に関してはやたら雄弁な辞書である。
この、独善的とも云える語り口が、しかし新明解の特長なのだ。
にこぽんという便利な日本語もこれで覚えたし、愛称の例にでてくる山本さん→ヤーサンに大笑いもした。
読む度に何かしらの発見がある。愉しい。

今日はあおると咥えるの用例が気に入った。
曰く、

「毒をあおる」

「ガス管を咥える」

…ガス管って、あなた。と思わず辞書に話しかけてしまう。
それ自殺ぢゃん…。咥えるものならもっと他にもあるでしょう?

だけどわたしはなぜ朝の五時から辞書なぞ読み耽っているのだろう…。今日からまたバイト(有り難いことに今度は区議選。おかげで無職は先延ばし)なのに。寝ようよ、君。

ちなみに耽るという言葉も大好きだ。
昔、好きな漫画で「我々は破滅に向かっている。そんなこと(この場合同性愛)に耽っている場合じゃないんだ」という台詞があって、それでいい言葉だなと思って。
耽る…一つのことに異常なまでに心を奪われて、他の大事なことを忘れる。
なるほど。
 
 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。