明日自分が自殺しても、わたしは少しも驚かないと思う。
そんな状態。
それでものうのうと生き延びるだろう(いい気なものだ)、とも思うのだけど、それと同じくらい発作的に死ぬかも知れない、とも思う。
今度は手首を切ってみるとか薬を飲んでみる(それで死ねるかな?)とかぢゃなく、もっとちゃんと確実に死ぬだろう。
そんな状態。

なのに明日は卒業式。わたしは無所属になるのが怖い。

時間がないのであとは箇条書き。
・ゆうべ、夜中に帰ってきてからずっと泣きぢゃくる。7時間くらい。驚異。
・こんな世界情勢なのに、というか、そのことをいいことに弱っている自分が赦せない。いい気なものだ。安全なところにいて。
・母がきた。とてもとても気をつかってしまう。どんどん追い詰められてゆく。

連絡事項。
[その日。]日記にとても入りきれなかったので別ページに分けました。
・トップ画像変えました。ゴールディルさまへのキリ番短歌。せめて、との思い。