の投稿一覧

ひたすら眠る一日の終わり


昨日の百万円騒ぎはどうやら酔った勢いらしい。
人騒がせな親である。

だけどわたしの中にはくっきりと刻まれてしまった。
百万円あったところで、わたしは生きてはいけない。
どうすればいいのだろう。

やることがあるというのは救いだ。とりあえず余計なことばかり考えなくてすむ。今のわたしにとって年度末までの時間は本当にモラトリアムだと思う。
眠って眠って眠って眠って、一日の終わり近くになってようやく演習の課題二つを片付ける。課題はかなり溜まっているので、二つやったくらいでは総量は変わらない気さえしてくる。
けれど、やらないよりはきっとマシ。
それから独りでごはんも食べた。ちゃんと御飯を炊けた。
友人にいつもいわれている。
食べることは生きていく決意を躰に伝えてあげる行為。
だから、ちゃんと独りでもごはんが食べられたということは、わたしにとってとても貴重なこと。
 
 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。