いま唐突にそう思いました。
毎日ひとつ何かをやろう、と。
それはやらなければいけないことではなく、やりたいことで。
やりたいことを毎日ひとつ。

というわけで今日は、ホームページの更新かな?

明日のことを考えるのはやめよう。
考えなくても明日はやってきてしまうから。
リストカットした腕がぴりぴり痛痒いです。
この感覚を大事にしようと思います、うまく云えないけれど。

昨日は独りでいると危険だから癒し系友人の家に避難させてもらいました。
そこでもいろんなことを云ってもらってだいぶ気が楽になった気がします。
現実感がうすくて、儚そうで、生命の根っこが細く頼りなく見えるけれど、
その分、この社会という土壌の腐った部分を吸い込まずに済むんだとか。
種が違うから、発芽方法が変わっているだけで、
いつか細くても儚くても綺麗な花が咲くかもしれないとか。

いまは、それを信じるしかないのだと思います。
それを信じて、自分の可能性を信じて、歩きつづける。
わたしはけっして独りぢゃない、独りに思えても、独りぢゃない。
それを忘れないようにしたいです。