の投稿一覧

わたしのいのち


毎日毎日熱を出す。
毎日毎日躰が怠い。
躰が云うことを聞いてくれない。
意識に躰がついていかない。

こんなに辛くてこんなにきつくて、
それでも命は続いていく。
もういっそ死んでしまえたほうが楽なのに。
わたしは生き続けている。
怠い躰に、停滞してゆく意識。
懸命に毎日をこなしている。

こんなになにもできないのに、この日々が続くのだろうか。
わたしはたぶん、働けない。
時折、社会に近づいてはみるのだけど、
そのたびに余計にからだを弱くするばかりだった。
だから独りでは生きていくことすらできない。
「普通」に結婚して家庭を持つような真似も絶対にできない。

なのにどうして生きているのだろう。
わたしは自分の生が不思議でならない。
死のほうがいつでも身近にあるのに。
それでも、生きてしまう。

そして、書きたい。
何がわたしをそこまで駆り立てるのだろう。
わからない。
でも、書きたい。

生きているのが辛いのに、書きたい。
いやだからこそ書きたいのだ。

何を?

それすらもまだわからない。
でも、わたしにはコトバしかない。
はっきりしているのはそれだけ。
こんなにも苦しいのに、だからまだ、死ねない。

動くこともままならなくなるこの躰。
書きたいのに、思うようにならないこの躰。
わたしは躰を持て余す。
躰と意識がばらばらになる。
意識だけは自由にどこまででもゆける。
なのに、それを書き残すことすらできない。
書くために生きているのに、
わたしの生は、書くことすらわたしに許さない。

ハタチまでは生きられない。
そう信じ込んでいた。
なのに、わたしはまだ生きている。
これからどうしたらいいのだろう。
この躰とどうやって付き合っていけばいいのだろう。
どうやって書いていけばいいのだろう。

途方に暮れたまま、わたしは倒れ込む。
そうして起き上がれない。
その繰り返し。
弱すぎる躰と、強すぎる意識。
折り合いの付け方がわからない。
こんなに永いこと付き合っているのに。
コントロールの仕方が分からない。

こんなんぢゃ、生きていけない。
その確信ばかりが強くなる。
生きていかなければ書けない。
その焦りばかりが強くなる。

ただただ書く。
それだけでいいんです。
どうかわたしに、その力をください。
たったそれだけでいいから。
しあわせなんて、望みはしないから。

snowflake snowflake snowflake snowflake snowflake snowflake snowflake snowflake snowflake snowflakeWordpress snowstorm powered by nksnow
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。