の投稿一覧

ID、忘却の彼方につき一時避難。②


(ブラックジョーク、つづき)

それにしても、取り出した心筋はどの位もつのだろう。
心筋をきずつけないように、大量の心筋を集めて、
それが死んじまわないうちにすばやく縫合してゆく。
一大組織でもないと、まず不可能だな。
すごく良いアイディアだと俺は思うのだけどな。だれかやるかな。
とてもテストには使えないけれど、
心筋の利用法については、特許だって取れるぜ。
この停滞しまくりの午後の理科教室から、
世界記録を生み出せるほどの大発見が生まれているなんて。
最高の皮肉だ。

クラスの奴等はつまらなそうに、頬杖を突いたり、眠ったり。
いまこの瞬間、このクラスですごいことが起きているなんて思ってもみないんだ。
それが余計に可笑しくて、俺はほくそえむ。
ヤバイ、先生と目が合った。
まあいいさ。
この発見に比べたら、大したことではない。
俺は首を竦め、授業に意識を戻すふりで教科書を開いた。
 

+++++++++++++++++++++++++++
今でもわたしはこれを世紀の大発見だと思っています。
友人に出されたお題がブラックジョークで、
あまり書いたことがない系統なもので、
いろいろ考えてこんな形になりました。
・・・が、はたしてブラックジョーク足りえているのか?! 

ID、忘却の彼方につき一時避難。①


ブラックジョーク
 
 
人間には速筋と遅筋ってのがある。
速筋は瞬発力の短距離走者型、遅筋はスタミナの長距離走者型。
その外にも心臓の周りは、特別に心筋という筋肉があるらしい。
それは速筋と遅筋のいいとこどりみたいな筋肉らしい。
何しろ生まれてから何十年も休むことなく鼓動を打ち続けるんだものね。

だから、もしその心筋だけで人間を作ったら?
古代の人が様々な美女の部位を組み合わせて、究極の美女を作ろうと苦心したように。
その心筋を全身に張り合わせて人型にしてしまえば、
もう人類はどこまでもゆける気がする。
そのためにはたくさんの人を殺すことになるだろう。
それで、心筋だけを取り出して、移植移植移植。
何人くらい居れば、無敵の心筋野郎が出来上がるのだろう。
何だかそのことばかりが妙に気にかかる。

理科の時間だった。
そんなことを考えているのはこの教室の中で俺独りだな。
いや、世界中でいまこの瞬間、きっと俺独りだろうな。
何だか奇妙な優越感で周りを見渡す。
午後の教室は密度は薄いのに、濃度は濃い感じ。
要するにすべてが停滞しているのだ。
このクラスの全員を撃ち殺せば、
理想のランナーができるだろうか。
でも、この程度の人数じゃ到底足りないかもしれないな。
だって人間って大きすぎるもの。
もしかしたら、心筋だけの子どもとかなら、できるかなぁ。
全身が心筋だけでもきちんと成長していくだろうか。

理科の先生はやたらと咳払いばかりをする。
自分の声によっぽど自信がないのだろうか。
あるいは、発言の内容があやふやだとか?
まさかな。相手は理科が専門なんだ。ありえないよ。
でも語尾に必ず対応した咳払いをするんだよな。
まったく、邪魔をしないで欲しい。
 
 

snowflake snowflake snowflake snowflake snowflake snowflake snowflake snowflake snowflake snowflakeWordpress snowstorm powered by nksnow
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。