の投稿一覧

幸せな日


日暮里の問屋街。
初めて行ったのだが、とにかく幸せな空間。
別に何を作るでもなく、ただ布地の美しさを愛でるためだけに買ってしまいそうになる。
生地というより、作品に近いような高級布地はもちろん、
叩き売られているような端切れでさえ、美しい。
けれど余りにたくさんあって、圧倒もされてしまふ。

熱に浮かされたような状態で、とにかく目に付くすべての生地に触りまくる。
この感触は、直接的に沁みてくる幸せ。

後半は芝居鑑賞。
惚れ抜いている女優さんの舞台。
わたし自身が忙しかったこともあって、お会いするのは本当に久し振り。
それでも覚えていてくださって、さらに嬉しいお言葉もいただいた。
けれどここには書かない。願掛けみたく。

舞台全体は、フロイト的な精神分析対ユングの集団的無意識、という構図。はじめは早口過ぎる台詞回しやちょっとノリに走るテンションの高い芝居、それに俄仕込み的な心理学の知識がやたら出てくる辺りも苦手かも、と思ったのだけど、どんどん内容に引きこまれてゆく。好きな女優さんが出ているから、というだけでなく、観て良かった~と思う良い芝居だったと思う。
こう云う日は幸せ。

ゆるゆると螺旋のやうに傍にあり。
 
 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。