の投稿一覧

コトバ、ことば、詞、言葉


最近ネットサーフィンにはまっている。
自分がコトバサイトを始めて初めて気が付いたのだが、
世の中には無数のテキストサイトがある。
詩、小説、コラム、日記、有形無形の様々な言葉たち。

垂れ流しに見えるくらい多くの言葉たちの背後には、
その数だけそれを紡いだ人がいるのだ。
その人の人生の様々な断片、
その人の想いの様々な側面が、
切り取られて、鏤められているのだ。

それがなんだか不思議。

わたしは全く関係ない場所で、
安全に隔離された状態で、
それらのコトバたちに触れることができる。
その世界に入ることができる。

それがなんだか不思議。

クリックひとつで、いかに多くの世界に触れられることか。
罪悪感すら感じてしまうほどだ。

あなたがどんな想いでこの言葉を世に送り出しているのか、
それとは全く関係ない気安さで、わたしはあなたの言葉に触れています。

だからわたしは最近、
訪れたサイトに逐一書き込みをしないではいられない。
ほんの一瞬のすれ違いでしかなくても、
わたしは確かにあなたに触れました。
あなたの言葉で、なにかしら心を揺らしました。
その証を残さずにはいられないのだ。

でも、そうやって、多くのコトバたちに触れれば触れるほど、
わたしの中には二つのものが生まれてくる。

ひとつは、言葉の洪水に引き摺られて、ただ立ち尽くすわたし。
ひとつは、自分のコトバを綴る意味を見失いそうになるわたし。

世の中にはこんなにコトバが溢れていて、
今、この瞬間も、加速度的に増殖していっているというのに、
わたしがコトバを発信しているのは、一体なんのためだろう。

そんなことを、殆ど自虐的に考えながらも、
わたしはこうやって、言葉を綴りつづける。
それはもう、余りにわたしの一部で、
わたしの意思ではどうにもならないような、
一連のプロセスと化しているのだ。

それが止められないのなら、
せめて、真摯でいよう。
そう思う。

せめて、
自分のコトバに、自分だけは裏切られないように。
自分のコトバを、自分だけは裏切らないように。
 
 

snowflake snowflake snowflake snowflake snowflake snowflake snowflake snowflake snowflake snowflakeWordpress snowstorm powered by nksnow
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。