きのう、劇団を辞めました。
本当にいろいろ悩んだのだけど。

すごくいいところ。
愉しくて勉強にもなって、みんなも暖かくて。

だけど、
わたしはプロになりたいのだし、
旅立たねばならないのです、おそらく。
お芝居に関わっている、ということだけに甘えていてはいけないのです。
今、劇団を辞めることは、賭けでもあります。
これがなくなったら、わたしは自分の夢に関連したことに少なくとも今の時点で関われなくなるのですから。ブランク。今から考えるだけでも不安でたまりません。
自分に何にもなくなる気がして、焦りもあります。
でも、だからこそなのだとも思います。
少しくらい、自分を追い込んだほうが良いのです。

本当に、練習場所に向かう道でも着いてからもずっと悩んで悩んで…、
けれど今はとりあえず、結論が出せて良かったと思っています。
この選択は正しくもあり、間違ってもいるでしょう。今の時点では。

未来から見て、この選択がどちらになるのか、
それは、これからの自分次第だな、という気がします。
とりあえず、精進精進。
声楽とダンスを頑張って、卒論もちゃんと書いて、ロシア語もやるぞ!

+++++++++++++++++++
  一晩明けて、
  なんにもなくなったからだは
  不思議な浮遊感を持ち、
  自転車で駆け抜けた、
  桜のアーチが綺麗でした。
  
  先なんて、ちっとも見えません。
  ただ、
  桜、桜、桜、