半端じゃなく訳の分からないメールを貰った。
もう、ほんと、半端じゃない。

それも、内容がではないのだ。文章自体がわからないのだ。もっと云うなら日本語が。

まず文章自体が捻じれている。
意味の切れ目が分からず無数に派生する。

ここまでわからない日本語を見たのは久しぶりだなぁ~、と云う感じ。
それくらい運用の規則が違うのだ、おそらく。書いたひとと、読むひとであるわたしの間で。

だけど。

これくらいはっきりわからない方が寧ろ潔いよな、とも思う。
言葉の上でだけ、一見一致したからって、勝手な思い込みで、お互いにわかったような気になるよりずっと。

また文章書くのが怖くなってきた。