妙にたくさん夢を見た。

しかもお得意の白昼夢ではなく、ちゃんとした正式な夢。

それだけたくさん眠ったってことだけど(なにせ起きたらもう外は真っ暗だったし)、それだけぢゃなくて、夢の濃度が濃い日だった。

ちょっと怖くてでも魅力的な悪魔のような、そんな夢が溢れた日。
溢れた流れだした夢の狭間に、夢に侵食されてゆく現実が辛うじてひっかかってる。
かなしくてしあわせな日。