先日、失恋の痛手から立ち直っていない友人から深夜に相談の電話を貰った。
いつものことながら、
どうして私なんかに相談しようと思うのだろう…(しかも恋愛ネタを!)
と内心首を傾げずにはいられないが、それでも話を聞いていく。

「周りのみんなには恋人がいて幸せそうなのに、
私は未だに彼への想いを引き摺ったままで、辛い…」
彼女の訴えは、とても切実で、私を頼りにしてくれているのも伝わってきて、
だからこそ、こうやって話を聞く以外、今の私にできることがないのが切ない。
もっと近くにいれば、すぐにでも会いに行って、ぎゅって抱きしめるのに。
それだけで少しは何とかなることが分かっているのに。
離れている私は、ただ徒に言葉を重ねるしかない。